LaSalle Investment Management : ニュース - ラサール、商業施設「イオンモール猪名川」(兵庫県川辺郡猪名川町)を取得
Skip Ribbon Commands
Skip to main content
Navigate Up
Sign In

Quick Launch

News
印刷
 |
 | RSS Feed
ラサール、商業施設「イオンモール猪名川」(兵庫県川辺郡猪名川町)を取得
 
世界有数の不動産投資顧問会社であるラサール インベストメント マネージメント インク(本社: 米国イリノイ州シカゴ、最高経営責任者:ジェフ・ジェイコブソン、以下「ラサール」)は、同社が組成した特別目的会社を通じて、兵庫県川辺郡猪名川町の商業施設「イオンモール猪名川」を信託財産とする信託受益権を2017616日に取得したことをお知らせします。
 
「イオンモール猪名川」が位置する兵庫県川辺郡猪名川町は、昭和40年代から大規模な住宅地開発が進み、大阪・神戸地区のベッドタウンとして発展してきました。近年では新名神高速道路の開通による川西インターチェンジ(仮称)の供用が計画されており、それに伴い猪名川町では産業拠点地区の整備が計画されています。既に猪名川町への大規模物流施設の誘致が公表されている等、今後も多面的な町の発展が期待されます。
 
本物件は、猪名川町における住宅地「猪名川パークタウン」の中心に位置し、総延床面積62,100.86㎡(付属建物含む)、総合スーパー「イオン猪名川店」を核に約70 の専門店と約2,000台収容可能な駐車場を有する大規模商業施設です。当施設は19984月に「ジャスコ猪名川ショッピングセンター」として開業した後、2007年には店舗面積を拡張する大規模工事が行われており、現在では地区唯一の大型ショッピングセンターとなっています。
 
イオン猪名川店は近隣地域で最大の売場面積を誇る品揃え豊かな大型スーパーであり、猪名川パークタウン以外のエリアからも多くの消費者が訪れる誘客力のある総合スーパーです。また、施設内の各専門店の扱う商品、サービスは多岐に渡り、本施設は地域コミュニティの衣食住を支えるコミュニティ・インフラとして機能しています。施設運営は地域に根差した商業施設運営に長けたイオン・グループが担っており、今後も持続的かつ安定した運営が継続されていくことが期待されます。
 
ラサールの日本法人である、ラサール不動産投資顧問株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役兼CEO:中嶋康雄)の執行役員・ヘッド オブ アクイジション, ジャパン奥村邦彦は「当社は、生活必需品を提供し、その地域において必要不可欠なコミュニティ・インフラとして機能している商業施設を優良投資物件として考えております。本物件は近隣住民の生活基盤として高い集客力を有しており、安定的・持続的な売上が将来にわたって維持されることが期待できます。このような商業施設には今後も積極的に投資をしてまいります」と述べています。 

 
【施設概要】
施設名   イオンモール猪名川(運営会社:イオンリテール株式会社)
所在地   兵庫県川辺郡猪名川町白金2丁目1
交通         ・ 阪急鉄道宝塚線「川西能勢口駅」前阪急バス川西バスターミナルより、日生中央方面行き「総合公園前」または「大原公園前」下車徒歩1
      能勢電鉄日生線「日生中央駅」前阪急バス川西バスターミナル方面行き
「パークタウン中央」下車 徒歩1
敷地面積   59,550.39
延床面積   56,435.82 (付属建物 5,665.04㎡)
建物構造   鉄骨造、4階建
駐車場   2,000
竣工年月   19984月新築・20079月増築