LaSalle Investment Management : ニュース - 冷凍冷蔵物流施設「関東運輸狭山物流センター」着工
Skip Ribbon Commands
Skip to main content
Navigate Up
Sign In

Quick Launch

News
印刷
 |
 | RSS Feed
冷凍冷蔵物流施設「関東運輸狭山物流センター」着工
 
2017728
 
ラサール不動産投資顧問株式会社
 
ラサール、冷凍冷蔵物流施設「関東運輸狭山物流センター」着工
 
ラサール不動産投資顧問株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役兼CEO 中嶋 康雄、以下「ラサール不動産投資顧問」)は、埼玉県狭山市においてビルド・トゥ・スーツ型(1)冷凍冷蔵物流施設「関東運輸狭山物流センター」が本日728日に地鎮祭を挙行したことをお知らせいたします。尚、着工は本年821日、竣工は2018930日を予定しております。
 
当施設は延床面積24,405.47 ㎡の3階建てで、1 階に大型車両が直接乗り入れ可能なトラックバースを備えている冷凍冷蔵物流施設です。当施設が立地する狭山市広瀬台は、圏央道の開通によって輸配送の利便性が大いに向上し、都内まで1時間と、首都圏の大消費地を目前に控えた物流適地です。当施設は国道16号の利用により「川越IC」まで約9kmと関越自動車道へのアクセスも良好で、また圏央道「狭山日高IC」まで約1kmと近接していることから、中央高速道路や東名高速道路へのアクセスも良く、関東や東北をはじめ全国への配送拠点としても利用可能です。当施設周辺には住宅地が広がっており、狭山市駅からのバスの運行数も豊富なため、従業員確保に優れています。
 
 このような立地の優位性が評価され、食品物流サービスの関東運輸株式会社(本社:群馬県前橋市、代表取締役社長 髙瀨雅企、以下「関東運輸」)の物流施設として当施設が選ばれました。当施設は、冷凍冷蔵のみならず食品加工にも対応する最新鋭の物流規格を備えています。また当施設は狭山工業団地内に位置しており、36524時間の稼働が可能で物流効率化を実現できる環境です。
 
関東運輸 代表取締役社長 髙瀨雅企は、「かねてより、テナント企業様の加工工場と当社物流機能を一体化することによる物流の効率化を目指し、新物流センターの構築を検討していたところ、立地が極めて良好な当施設をラサール不動産投資顧問様より御提案を受け、拠点とネットワーク網の強化に取り組む当社の成長戦略とも合致したため、新センターを構築することになりました。本物流センターの開設により、多様化するお客様のニーズを最大限に実現可能にする態勢を整え、今後も高品質なサービスで食の安全・安心をお届けしてまいります」と述べています。
 
ラサール不動産投資顧問 代表取締役兼CEO 中嶋康雄は「本物件は、首都圏の巨大消費地への優れたアクセスによる配送拠点と、雇用確保におけるロケーションの優位性を活かし、物流効率化に大きく貢献し得る高機能な施設です。各企業による物流効率化の過程で、交通利便性に優れたエリアに立地する近代的な物流施設へのニーズが高まっており、増加する物流需要を不動産の面から支えることは、マーケットの発展に寄与すると考えています。ラサール不動産投資顧問は、今後も各企業の戦略的物流拠点となる適地を見定め、テナント企業活動のニーズに柔軟に応える物流施設開発を積極的に進めて参ります」と述べています。
 
1 ビルド・トゥ・スーツ型(BTS型)=特定企業向け
2 食品などの商品の加工・包装等を行う拠点
 
  
 

【施設概要】
所在地 : 埼玉県狭山市広瀬台2-591-4(地番)
敷地面積 : 16,039.27 ㎡(4,851.88 坪)
延床面積 : 24,446.47 ㎡(7,395.06 坪)
構造 : 鉄骨造、地上 3 階建
基本設計・監理監修 : コンストラクションマネージメントジャパン株式会社
設計施工 : サンエス建設株式会社
施      主 : 狭山広瀬台プロパティー特定目的会社
用途 : BTS型冷凍冷蔵物流施設
(テナント:関東運輸株式会社)
着工 : 2017821日(予定)
竣工 : 2018930日(予定)
 
 
170728_Sayama.jpg

ラサール インベストメントマネージメントについて
ラサール インベストメント マネージメントは、世界有数の不動産投資顧問会社です。世界規模で、私募、公募の不動産投資活動、負債性投資をしており、総運用資産残高は約576億米ドルです(20173月末現在)。主要顧客は、世界の公的年金基金、企業年金基金、保険会社、政府関連、企業、その他基金(大学基金他)などで、世界中の機関や個人投資家の資金管理を行い、セパレートアカウント型投資、オープンエンド型ファンド、クローズドエンド型ファンド、公募証券、エンティティレベル投資等の手法で投資を行っています。また、世界最大級の総合不動産サービス企業であるジョーンズラング ラサール グループ(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)傘下にあります。なお、ラサール不動産投資顧問株式会社は、ラサールインベストメント マネージメントの日本法人です。詳しい情報は、www.lasalle.comをご覧ください。
 
本件に関するお問い合わせ先
広報担当(エイレックス) 村瀬亜以  電話03-3560-1289  メールlasalle@arex-corp.com