LaSalle Investment Management : ニュース - ラサールと三菱地所が、圏央道開通で注目の相模原エリアに物流施設2棟延床面積370,000㎡(東京ドーム約8個分*)を供給
Skip Ribbon Commands
Skip to main content
Sign In

Quick Launch

News
印刷
 |
 | RSS Feed
ラサールと三菱地所が、圏央道開通で注目の相模原エリアに物流施設2棟延床面積370,000㎡(東京ドーム約8個分*)を供給
 

2013年5月13日

報道関係各位

ラサール不動産投資顧問株式会社

三菱地所株式会社

 

ラサールと三菱地所が、圏央道開通で注目を集める相模原エリアに

2棟延床面積370,000㎡(東京ドーム約8個分)の物流施設を供給

「ロジポート相模原」に続き「(仮称)ロジポート橋本」開発着手

-ロジポート相模原は、竣工4か月前で内定率50%超を達成-

   ※東京ドーム建築面積46,755㎡の約8倍

 

 

 ラサール不動産投資顧問株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役兼CEO 中嶋 康雄、以下「ラサール」)と三菱地所株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長杉山 博孝、以下「三菱地所」)は、圏央道開通で注目を集める相模原エリアにおいて、本年8月末竣工予定の「ロジポート相模原」に続き、「(仮称)ロジポート橋本」の開発に着手します。「(仮称)ロジポート橋本」は2013年10月着工、2014年秋竣工を予定しております。

 

 

 

両施設を建設する相模原エリアは、2013年3月30日に圏央道「相模原愛川インターチェンジ」が開通し、東名高速と直結しました。これにより、東京都心部および横浜中心部までの移動時間が大幅に短縮されるとともに、広域配送においても中部・関西エリアへの連絡がこれまで以上に便利になりました。また、2013年度中には、圏央道が中央道・関越道まで接続される予定であり、都心部を経由することなく北関東・甲信越エリアまでカバーすることが可能な一大物流拠点となることが見込まれております。また、相模原エリアは、周辺に広大な住宅エリアを擁し、優れた雇用環境を兼ね備えております。

両社が共同で開発する「ロジポート相模原」、「(仮称)ロジポート橋本」は、2棟合計で延床面積370,000㎡(東京ドーム約8個分)の規模を有し、優れた交通利便性・雇用環境のみならず、免震構造の採用、40フィートコンテナ車が各階着車可能な大型ランプウェイの完備、テナントニーズに応じて分割賃貸可能なフロアプランなど、最新性能を備えた大型マルチテナント型物流施設となります。

 

これまでに多数の引き合いを頂き、「ロジポート相模原」は、2013年8月末竣工を前に、既に大手3PL企業等と約93,000㎡(全体の約50%超)の賃貸借予約契約を締結するなど、好調にリーシングが進捗しています。

 ※荷主企業に代わって、物流業務の一部又はすべてを受託、実行すること。

 

ラサールと三菱地所は、圏央道開通で注目を集める相模原エリアにおいて、両社の不動産開発ノウハウとネットワークを活かして、2つの物流施設の開発を進めてまいります。

 

 

【(仮称)ロジポート橋本 施設概要(予定)

所在地              神奈川県相模原市緑区大山町403番1(地番)

敷地面積           67,748.64

延床面積           約162,000

構造                 SRC造(一部S造) 地上5階建、免震構造

設計監理監修    株式会社三菱地所設計

用途                 マルチテナント型物流倉庫

                       複数テナントによる分割利用が可能。

着工                 201310月

竣工                 2014

 

 

            外観パース             ※上記は完成イメージであり、実際とは異なります。

 

  

【ロジポート相模原 施設概要

所在地        神奈川県相模原市中央区田名字赤坂3700番3他(地番)

敷地面積       94,197.27

延床面積             210,826.02(予定)

            構造   RC造(梁・柱PC) 地上5階建、免震構造

設計監理監修    株式会社久米設計

設計・監理・施工 株式会社大林組

用途                   マルチテナント型物流倉庫

着工                   2012

竣工                   2013月末(予定)

 

 

            外観パース             ※上記は完成イメージであり、実際とは異なります。

 

 

PDF版はこちらへ 

 

 

(参考)

・ラサール不動産投資顧問株式会社について

ラサール不動産投資顧問は、ラサールインベストメント マネージメントの日本法人。

ラサールインベストメント マネージメントは、世界最大の総合不動産サービス企業であるジョーンズ ラング ラサール グループ傘下にある、世界有数の不動産投資顧問会社。世界規模で、私募、公募の不動産投資活動をしており、ラサールインベストメント マネージメントの総運用資産残高は約477億ドル(2012年12月末現在)。私募、公募、デット、エクイティのあらゆる不動産投資活動を世界中の不動産キャピタルマーケット、オペレーティングマーケットで展開。主要顧客は、世界の公的年金基金、企業年金基金、保険会社、政府関連、その他基金(大学基金など)、個人投資家など。

 

・三菱地所について

日本を代表する総合不動産ディベロッパー。東京・丸の内における街づくりをはじめ、オフィスビル・商業施設・住宅・ホテル等の開発・運営等、数多くのプロジェクトを手掛ける。海外においては、全米各地や英国・ロンドンで不動産賃貸・開発事業を展開するほか、中国・ベトナム・シンガポールでマンション・アウトレット開発事業に参画するなど、アジアにも積極的に進出している。2013年4月には、都市開発事業部内に設置していた物流開発室を物流施設事業部として独立させ、物流施設開発事業のいっそうの強化を図っている。