LaSalle Investment Management : ホーム -
Skip Ribbon Commands
Skip to main content
Navigate Up
Sign In
News
印刷
 |
 | RSS Feed
 

201831

報道各位

ラサール不動産投資顧問株式会社

 

新社長就任のお知らせ

 

 世界有数の不動産投資顧問会社であるラサール インベストメント マネージメント インク(本社: 米国イリノイ州シカゴ、最高経営責任者:ジェフ・ジェイコブソン、以下ラサール)は、201831日付けで、キース藤井がラサール不動産投資顧問株式会社の代表取締役社長に就任したことをお知らせします。藤井は、日本におけるコア投資ビジネスを拡大させてまいります。またラサールロジポート投資法人のアセットマネージャーであるREITアドバイザーズ株式会社の取締役を兼務します。

 

アジアでの実績が豊富な藤井は、不動産投資と銀行での経験が25年以上あり、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、グローブ・インターナショナル・パートナーズ、新生銀行において、不動産投資事業を成功させてきました。当社に入社する直前はイシン・ホテルズ・グループのCEOを務めていました。

 

ラサールのアジア太平洋地域におけるCEOCIO、マーク・ガベイは、次のように述べています。「キース藤井は日本の不動産市場に精通しており、投資目標達成のために、大規模なチームを統率した経験もある優れたリーダーです。ラサールは日本において運用資産残高約50億ドルを抱え、また不動産証券プロダクトを中心に多くの資金を国内で調達しています。ラサールのビジネスにとって日本は重要で、今後もさらに重要性が高まると考えています。日本におけるコア投資ビジネスの拡大と資産タイプの多様化を進める中、藤井が加わることで、アジア太平洋地域におけるラサールのマネジメント層のさらなる強化を図ります。」

 

これまでラサール不動産投資顧問株式会社の代表取締役を務めてきた中嶋康雄は、引き続き代表取締役を務めます。また、ラサールREITアドバイザーズの取締役は退任しますが、日本で大きな成功を収めているラサールの物流不動産投資ビジネスを今後ともサポートいたします。

 

ラサールのグローバルCEO、ジェフ・ジェイコブソンは、次のように述べています。「中嶋は日本の物流施設を機関投資家向け資産クラスとして確立した先駆者です。彼のチームは、過去15年にわたって、日本における物流施設の開発と投資で非常に大きなリターンをもたらしました。彼の物流不動産の知見が、ラサールがアジアや世界各国で物流不動産投資を行っていく際に、展開されることを期待しています。」

 

また、マーク・ガベイは以下のようにも述べています。「中嶋には今後もアジア太平洋地域の投資委員会のメンバーとして活躍してもらいたいと思っています。そして日本や海外で、新たな投資やビジネス開発機会の発掘も行ってほしいと思います。藤井と中嶋が協力して日本の組織を強化し、特にコア投資ビジネスを拡大してくれることを期待しています。」



 キース藤井

 ​K-Fujii.png


 ラサール インベストメント マネージメントについて

ラサール インベストメント マネージメントは、世界有数の不動産投資顧問会社です。世界規模で、私募、公募の不動産投資活動、負債性投資をしており、総運用資産残高は約580億米ドルです(201612月末現在)。主要顧客は、世界の公的年金基金、企業年金基金、保険会社、政府関連、企業、その他基金(大学基金他)などで、世界中の機関や個人投資家の資金管理を行い、セパレートアカウント型投資、オープンエンド型ファンド、クローズドエンド型ファンド、公募証券、エンティティレベル投資等の手法で投資を行っています。また、世界最大級の総合不動産サービス企業であるジョーンズ ラング ラサール グループ(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)傘下にあります。なお、ラサール不動産投資顧問株式会社は、ラサール インベストメント マネージメントの日本法人です。詳しい情報は、www.lasalle.comをご覧ください

 

本件に関するお問い合わせ先

広報担当(エイレックス) 村瀬亜以  電話03-3560-1289 

メールlasalle@arex-corp.com