LaSalle Investment Management : ホーム - 20180605
Skip Ribbon Commands
Skip to main content
Navigate Up
Sign In
News
印刷
 |
 | RSS Feed
20180605

全文PDFはこちら

201865

報道各位

ラサール不動産投資顧問株式会社

  

新浦安のホテル「イビススタイルズ東京ベイ」を取得、72日に開業

 

世界有数の不動産投資顧問会社であるラサール インベストメント マネージメント インク(本社:米国イリノイ州シカゴ、最高経営責任者:ジェフ・ジェイコブソン、以下ラサール)は、同社が組成した新浦安プロパティー合同会社を通じ、千葉県浦安市日の出所在のホテル、「イビススタイルズ東京ベイ」の信託受益権を本年4月に取得したこと、及びイビススタイルズ東京ベイが72日(月)に開業することをお知らせいたします。本ホテルは、フランスを拠点とするインターナショナルホテルチェーン、アコーホテルズの日本法人(エイ・エイ・ピー・シー・ジャパン株式会社、代表取締役:フレデリック・ディグナジオ)が運営を行います1


本物件は、千葉県浦安市日の出二丁目に立地する地上8階建て、延床面積6,714.68㎡、総客室数216室のホテルです。最寄り駅の新浦安駅までは徒歩約15分、舞浜地区のテーマパークエリアへも良好なアクセスを誇る好立地に位置しています。本ホテルにはレストランや大浴場も完備されており、イビススタイルズのブランド特有のカラフルでスタイリッシュな内装が施されている館内では個人、カップル、グループ、ファミリーまで、幅広いゲスト層が滞在を楽しむことができる空間が提供されます。また、客室はツインルーム、トリプルルームを主体に構成されています。

 

アコーホテルズは、フランス・パリを拠点とし、世界100ヶ国に約4500ホテル、460,000ルームを展開する世界最大級のインターナショナルホテルチェーンです。日本国内では、スイスホテル、メルキュール、イビス、イビススタイルズの4ブランドを展開しており、札幌(2軒)、東京(2軒)、成田、横須賀、名古屋、那覇を含む、12軒目のグループホテルとなります。

 

ラサールの日本法人である、ラサール不動産投資顧問株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:キース藤井)の執行役員 ヘッド オブ アクイジションジャパン奥村邦彦は「千葉県浦安市は、成長を続ける近隣リゾートエリアへの観光ニーズにも支えられ、国内で最も宿泊需給のひっ迫している都市の一つとなっています。特に昨今のインバウンド旅行者の増加率は目ざましく、海外での認知度が高いアコーホテルズのブランドとホスピタリティが、外国人宿泊客の獲得に寄与するものと考えております。国内の観光マーケットは好調を維持しており、ホテル資産の流動性、投資家の需要も引き続き高まっております。ラサールは、今後も積極的に優良ホテル資産への投資を進めていく方針です。」と述べています。

 

1  ホテルを信託財産とする信託受益権を新浦安プロパティー合同会社が所有し、ラサールが組成した新浦安ホテルマネージメントト合同会社がマスターレッシーとなり、エイ・エイ・ピー・シー・ジャパン株式会社へ運営を委託します。

 

ラサール インベストメント マネージメントについて

ラサール インベストメント マネージメントは、世界有数の不動産投資顧問会社です。世界規模で、私募、公募の不動産投資活動、負債性投資をしており、総運用資産残高は約580億米ドルです(201712月末現在)。主要顧客は、世界の公的年金基金、企業年金基金、保険会社、政府関連、企業、その他基金(大学基金他)などで、世界中の機関や個人投資家の資金管理を行い、セパレートアカウント型投資、オープンエンド型ファンド、クローズドエンド型ファンド、公募証券、エンティティレベル投資等の手法で投資を行っています。また、世界最大級の総合不動産サービス企業であるジョーンズ ラング ラサール グループ(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)傘下にあります。なお、ラサール不動産投資顧問株式会社は、ラサール インベストメント マネージメントの日本法人です。詳しい情報は、www.lasalle.comをご覧ください。

本件に関するお問い合わせ先

広報担当(エイレックス) 村瀬亜以  

電話03-3560-1289  メール lasalle@arex-corp.com

​​